逆子

逆子とは?

逆子は妊娠中に赤ちゃんが骨盤位(頭が上の状態)になってしまう状態です。治療の適応となる期間はおよそ28週〜34週です。当院ではお灸を中心に治療を行います。

西洋医学ではなぜ骨盤位になるのか?は説明がつかないことも多いですが、東洋医学的にはカラダの流れが悪くなることで骨盤位になってしまいます。

原因は色々とありますが、主に冷え性、貧血、気血不足、などから起こります。それによって治療法も変わるので、始めにしっかりと問診をさせていただきます。治療はお灸を中心に鍼も使って行いますが、より少ない刺激で効果を出すことで症状を変えていきます。

再びならないために

原因があることで骨盤位になるので、原因に変化がない場合は再び出現してしまう可能性が高いので、原因をキチンと施術する必要があります。また、原因を治療したあとも再び症状が出現しないように必要な運動や呼吸などを提案させていただきます。