イップス

イップスって?

イップスとは近年増えてきているメンタル面の関与が強いとされるによる疾患・症状である。

症状の大きな特徴となっているのは、場面・状況によって症状が出現するということ。

特に有名なのは野球選手がプレッシャーのかかる場面になるとチカラを発揮出来なくなるというもの。

上記のようにスポーツの時にもあり、またあがり症や失語症、〇〇恐怖症なども場面によって症状が出現することも多いので、イップスの一つと考えられます。

症状は多岐に渡り、言葉が出てこない、筋肉が緊張し強張る、動悸、息切れ、手に汗、などの自律神経症状が特に顕著である場合が多い。

原因は?

ズバリ原因は脳の誤作動である。

ある状況下において脳の誤作動で症状が生じ、その状況を記憶してしまうことがあります。そうするとその状況下(または近しい状況)になると症状が出現してしまいます。

これは人によってきっかけとなっているのが、感情だったり信念だったり記憶面でのエラーだったりします。当院ではそのきっかけトリガーとなっている部分をカラダの反応によって見つけ出し誤作動を書き換えることで、症状が改善します。