自律神経失調症

自律神経失調症とは自律神経が正常に働いていない状態である。

自律神経とは?

カラダの中の神経系の一つで呼吸、血液循環、消化、代謝、体温などを自動で調節している神経である。

 

上の図のようにカラダのアクセルとブレーキであり、

これらが上手に切り替わることで私たちはスムーズに生活をおくることが出来ます。

自律神経失調症の原因は?

よく聞く自律神経失調症とはこの切り替えが上手に出来ていない状態のことです。

なぜそのような状態・状況に陥ってしまうのか?

A.ストレスや不眠、運動不足、左右のバランスの不和など

によって自律神経は乱れていきます。

 

乱れ方も人によって様々であり、ざっと記すだけでも下のようにあります

交感神経が優位な状態 副交感↓

症状・・・ストレス多 イライラ 免疫力低下 動悸 息切れ 血流悪い

副交感神経が優位な状態 交感↓

症状・・・やる気が起こらない だるい 眠い 集中力散漫

両者ともに働いてない 両方↓

症状・・・疲労感MAX 覇気が無い ぐったり 動けない

こんなに種類が。

 

あなたはどれに当てはまりそうですか?

どう治すか?

どのタイプの自律神経失調症か分かったら

その症状に合わせて治療を行います。

①リラックスする状態を作る

②刺激を入れバランスを取る

③カラダのバランスを極力刺激を弱く整える

となります。

■ ホームページ限定特典

\今だけ!/ メンタルコース通常初回価格 12,100

9,350

ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

また来院時に問診表をダウンロードし記入してお持ちください。

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております